2017年7月21日金曜日

Sep...





NYの先輩からイベントのフライヤーが。



3日間はいけなくても、どの日が調整したいなーと遊びから出張の日程を決めるというスタイル。



バイザウェイ、



放出や入荷も引き続きますので細かいチェックを。


2017年7月19日水曜日

Summer???





柄に柄の合わせ、シルクのサマーニットを素肌で着る。



この季節何着ても暑いよ、ただ肌離れがいいし素肌だと通気性がいい。



答えなんかきっとない組合わせは、個々の個性で着るもの。



結局夏になるとおもんなーいメディアで煽られたワンシーズンオンリーのTシャツにショーツにださい靴はいてキャッキャッなってギャルか・・・としかいえないファッションばかり。



今年も沢山Tシャツが量産されましたね(メッセージT着るなら意味ぐらい理解してほしい・・・)、イージーなファッションって実にマスが広いものだって実感。



それが悪いのではなくて、価値観が微妙かなーといいたい。



やっぱりシルエットがカッコ良かったり、遠くからの姿でもその人ってわかる個性がやっぱりカッコいい。



イージーなようでイージーじゃないんだよ。



センスは簡単にうまらない。



日々の鍛練でしかないと思います。


2017年7月11日火曜日

Summer Snap...





オーバーサイズで遊びのあるシルエット、今年はこのボタンのかけかたにはまってる。



配色のコンビネーション、小物使い、



今月のカジカジをチェックワントゥー!!!


2017年7月7日金曜日

Track Suits...





久々に店頭に放出した2010年のデッドストックのトラックスーツ、



個人的にもよく着ているものより、緑がEQTよりのブラック/グリーン。



店頭でもよくお話しさせて頂いているのですが、ここ10年ぐらいのアイテムってほんとでてきません。



色んな理由はあるかと思いますが、やりは産業的には2008年のリーマンショックが大きいと思われます。



アメリカ国内、とにかく都会のお店はお金回収の為にセールでもなんでもやって売り切るスタイルに変更をしていったイメージがあります。だから店頭で前のコレクション残っていたなんてここ10年ほとんどありません。



ちゃんと時代を生きて見ていたらわかることなのですが、意外とそーゆう社会情勢が影響を受けているのをはっきりと理解してほしいです。



でもその魔の10年間、好きなアイテムいっぱいあったなーと記憶を片隅にディグする毎日です。



バイザウェイ、



毎年恒例?なのかわかりませんが、夏は溜めているアイテムの放出をチマチマやっています。



だって真夏にSALE品オンリーでがっつり並んでるお店って、なんか単純に嫌 笑 



すっからかん具合でちょうど見た目に落ち着きます。



まだまだ見せたい玉は多数あるのですが、お店のキャパを考えて少しづつね。



細かなチェックのほど宜しくお願い致します。


2017年7月6日木曜日

Big Silhouette Shorts...

今年はポロのイージーパンツがお気に入りでショーツはあんまり頭になかったけど、こんな珍品ならまた別腹。













Acne Studios / TEXTTILE BIG SILHOUETTE SHORTS



シルキーな素材のビッグシルエットショーツ。



車の道筋らしき幾何学デザインの総柄がなんともアブストラクトな雰囲気。カモのような感じで気軽に合わせてほしい。



個人的には和の感覚で日本の"着物"の雰囲気に近い感じ、だから意外と日本人似合うと思う。



日本人ならではの和の表現もいいけど、インポートならではの表現がやっぱり面白い。(実際"和"がテーマではないとは思うけど・・・笑)



素材はスーツの裏地で使用するキュプラ100%。



とにかく生地の揺れを堪能できますよ。



モードなアイテムだけど、バスケットショーツぐらいラフな感じで取り入れてほしいです。







トップはジャストサイズのストライプのパジャマシャツに柄のビッグショーツ、



足元もストライプ(ストライプシャツと合うというヒント)っていうのも忘れない 笑



柄×柄スタイルはやっぱり気分ですね。









あえてのビッグシルエットで同士でハメるのも、それまた個性。



にしても、トップのカモとの相性が抜群なショーツだな・・・